Japan Blue Jeans Topics

Official Information of Japan Blue Jeans

異素材ミックスのアウター

   

皆様、遅ればせながらあけましておめでとうございます。

2019年の初売りは堪能されましたでしょうか?
JBJ倉敷店でも本日1月6日まで新春特別セールを開催しております!!

さて、まだまだ寒さが厳しいですが”新春”ということで、
本日は春まで使えるライトアウターをご紹介します。

直営店舗限定ヘリンボーン×刺し子インディゴボンバージャケット
J7270J01 \34,000+tax(セール対象外)

身頃はヘリンボーンを、袖には刺し子生地を使用した
贅沢でファビュラスなボンバージャケット。

店舗限定シリーズは直営店舗スタッフが企画に携わっており、
「こういうのが欲しい!」「ここがこうだったらいいのに…」といった
お客様から頂いたご意見を出来る限り製品に反映できるよう努めております。

例えば、直営限定テーパードJBJ0444SZ-Jはお客様のご要望により
ジッパーフライを採用しております。
というのもJBJのセルヴィッチテーパードは
殆どのモデルがボタンフライなので「ジッパーフライが欲しい」
というご意見を数多く頂戴していました。
そのためJBJ0444SZ-Jはジッパーフライになったという経緯があります。

以前もボンバージャケットは刺し子×デニムでリリースしておりましたが、
生産数が少なかったためすぐに完売してしまいました。

しかし完売後にも多くのお問い合わせをいただいため、
今回は店舗限定で復活することとなりました。

さらに同じ製品では面白みがない!!ということで身頃の生地は
ヘリンボーンを使用し裏地もなめらかなサテンに変更しております。

ヘリンボーン生地はウールを使用することが多いのですが、
こちらのボンバージャケットにはコットンのヘリンボーンを使用しているため
ご自宅でのお洗濯も可能なのでメンテナンスも楽々です。

ちなみにヘリンボーン(Herring Bone)とは
右綾と左綾の綾目が横方向へ交互に織られた織物・織り柄のことです。
直訳すると”ニシン(Herring)の骨(Bone)”という意味で、
ニシンを開いた時の骨のような柄からこう呼ばれています。
同様の理由で杉の葉に似ていることから杉綾、
弓矢の先端に似ていることからアローヘッドとも言われています。

織り方や特性の違う素材を組み合わせることで同じ染料でも
色の出方や経年変化に違いが生まれます。
刺し子生地はアタリが付きやすくハードな色落ちが特徴で、
ヘリンボーンは色落ちが進むとじんわりと柄が表れていきます。

1年後、2年後にはそれぞれ違う表情を見せてくれるアウター。
異素材の組み合わせでより複雑で深い経年変化をお楽しみください。

 

このブログを書いた人

JBJ倉敷店 青山

倉敷店店長。

お正月は実家に帰ってのんびり過ごしました。
寝正月です。

 

(Visited 534 times, 1 visits today)

バナー部分

 - Item, News , , , , ,