Japan Blue Jeans Topics

Official Information of Japan Blue Jeans

【お客様SNAP】丸2年の経年変化【色落ち】

      2019/05/27

JAPAN BLUE JEANSの人気モデル・PREPの中で
唯一バックポケットにステッチがあるJB6163SZ-J
(※厳密に言うと倉敷限定JBKU6144SZ-Jもステッチありですが…)

コートジボワール綿を使用した13.5ozデニムは
生地感と色味の変化が起こりやすいのが特徴です。
原綿に近いと言われているため、生地の特性が素直で
洗って乾かせばデニム特有のゴワッとした風合いが感じられ、
使い込むと綿の持つ柔らかな風合いが現れてきます。

コートジボワール綿については下記でもご紹介しております。
→JAPAN BLUE JEANS Online Store- コートジボワール綿
→JBJ STAFF BLOG「糸が綿に戻ろうとする感覚」
よろしければご参照ください。

先日、倉敷店に来られたお客様が穿かれていたJB6163SZ-Jが
とても良い雰囲気に育っていたのでスナップを撮らせていただきました。

コージボデニムはあっさりと淡めなアタリ感が特徴なのですが、
このヒゲの入り方は見事です。
もう少しヘビーなデニムを彷彿とさせます。

ワンウォッシュの時はやや赤みが強くブラックに近い発色ですが
色落ちが進んでいくと黎明期のジーンズを連想させるような
クリアで爽やかなブルーへと変化していきます。

ジーンズ専用洗剤を使用して手洗いされているとのことで、
それだけでも大切に育てられているということがわかります。
見習わねば…。

腿から膝にかけてタテ方向の色落ちもしっかりと出ています。
アウトシームにきれいなアタリが出るのはセルヴィッチの特徴ですね。

右ポケットは財布を入れるのでそこだけ色落ちが早いようです。
穿く人の日常が反映される点がジーンズの色落ちの面白い点です。

膝裏のハチノスはやや弱めですが、少しずつ現れています。

着用期間は丸2年で、この9月で3年目に突入されたそうです。
日常的に色落ちを意識されてご着用&お手入れされていることが
製品からひしひしと伝わってきました。

愛着を持って製品に接していただけることは何より光栄です。
良い人の所に嫁いだな…という気持ちです。
今後ともJAPAN BLUE JEANSを末永くご愛用いただけますと幸いです。

ご協力ありがとうございました!

 

このブログを書いた人

JBJ倉敷店 青山

倉敷店店長。最新ガジェットに目がない。

最近気になっているのは「電気ショックで起こしてくれる目覚まし」

 

(Visited 297 times, 4 visits today)

(Visited 3,680 times, 9 visits today)

バナー部分

 - Aging, News, Snap , , , , , , , , , ,